漁海況予報

 

 

 

 

漁海況予報(海洋生産技術担当)(PDF)

漁海況予報とは、漁況(アジ、サバ、シラス等主要魚種の漁獲状況)と海況(黒潮の動向等に伴う水温塩分等の状況)を予測し操業の効率化等を図ろうとするものです。徳島県に関連するものとして次の内容を掲載しました。

太平洋漁海況予報(3月、8月および12月に作成):国立研究開発法人水産研究・教育機構(元水産庁研究所)および太平洋に面した県等の水産研究機関が共同で予報します。海域全体の予報文と、徳島県に関連する部分の抜粋(概要版、4~7月の予報では掲載せず)を掲載しています。

瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報:国立研究開発法人水産研究・教育機構(元水産庁研究所)および瀬戸内海東部の府県水産研究機関が、カタクチイワシシラスの漁況について共同で予報します。

※おしらせ:平成29年度第2回長期漁海況予報会議予報文(2018年1月~6月)および概要版>を掲載しました。(2018/1/5)

情報を見るには下のリンクをクリックしてください。年月は予報対象期間を示します。

※PDFをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。

太平洋漁海況予報

瀬戸内海東部カタクチイワシ(シラス)漁況予報