住まいの安全・安心なリフォーム支援事業

◆重要◆

平成27年度から、全て市町村事業に移行しております。

木造住宅耐震改修支援事業による補助を受ける(又は受けた)住宅は利用できません。

 

どんな事業なの?

木造住宅の耐震化工事若しくは耐震化工事と合わせて行うリフォーム工事を実施する場合に、

その経費の一部を補助するものです。

命だけは守る「簡易な耐震化工事」も対象となります。

建築士や工務店に相談して改修計画を作り、耐震化工事を実施してください。

 

対象となる工事の要件は?

【補助対象住宅】

次の要件すべてに該当する木造住宅

平成12年5月31日以前に着工されたもの

②耐震診断の結果、評点1.0未満(倒壊する可能性がある)と判定されたもの

 

【補助対象要件】

①高さ1.5m以上の家具の固定(必須)

②「耐震改修施工者等」として徳島県に登録された者が施工(必須)

③耐震化工事(必須)

 次のうち1つ以上を選択して実施

・評点を向上させる耐震化工事(改修後の評点は持家0.7以上、貸家1.0以上)

・耐震シェルター又は耐震ベッドを設置する工事(持家に限る)

・一部屋補強等の工事(持家に限る)

④省エネルギー化工事

⑤バリアフリー化工事

⑥倒壊の危険があるコンクリートブロック塀の撤去

 

こちらから「耐震改修施工者等」の名簿を閲覧できます。

>>耐震診断員・耐震改修施工者等の登録

 

徳島県では、住まいの安全・安心なリフォーム支援事業において、

補助の対象となる耐震シェルター・耐震ベッドを認定しています。

⇒ H280401【徳島県】耐震シェルター認定リスト.pdf(64KB)

⇒ H280719【徳島県】耐震ベッド認定リスト.pdf(48KB)

 

補助金はいくらなの?

改修にかかる工事費用(税込)の1/2以下で、最高40万円までとなります。

さらに、次の市町村では、独自の制度として上乗せ補助を受けることができます。(H28.4.1現在)

 上乗せ補助額 (60万円):三好市

 上乗せ補助額 (50万円):那賀町、北島町

 上乗せ補助額 (40万円):松茂町、東みよし町

 上乗せ補助額 (30万円):勝浦町

 上乗せ補助額 (20万円):徳島市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、

             佐那河内村、神山町、美波町、海陽町、つるぎ町

 上乗せ補助額 (13.3万円):藍住町

 上乗せ補助額 (10万円):鳴門市、上勝町、石井町、牟岐町、板野町、上板町

※上乗せ補助の要件は、市町村ごとに異なります。

 

改修工事の進め方

1 改修工事の計画を、建築士や工務店とご相談ください。

  また、お住まいの市町村にもあらかじめご相談ください。

2 お住まいの市町村へ、補助金交付申請書を提出してください。

  耐震診断報告書、改修計画書、工事図面、見積書等を添付。

 ☆耐震化工事検査員が、事業計画の確認を行います。

3 市町村から交付決定が通知されます。その後、改修工事に着手します。

 ☆耐震化工事検査員が、工事中に中間検査を行います。

4 工事が完了すれば、工事完了報告書を市町村に提出します。

  契約書の写し、工事写真、請求書等を添付。

 ☆耐震化工事検査員が、工事の完了検査をします。

5 市町村から補助金が支払われます。

 

★耐震化工事検査員

補助を受けて耐震改修工事を行う場合、耐震化工事検査員が、

事業計画の確認、工事中の中間検査、工事の完了検査を行います。

耐震化工事検査員は市町村から派遣されますので、自己負担はありません。

改修工事検査作業イメージ写真