耐震シェルター設置

 

住宅が倒壊しても命は守りたい

安価に、短期間で、居ながらの施工が可能ですので、大がかりな耐震改修工事を望まないかたにおすすめです。

建築士や工務店に相談して改修計画を作り、耐震化工事を実施してください。

 

耐震シェルター実物展示中

県内3会場で、『耐震シェルター』の実物を展示中です。この機会に是非ご覧ください。 >耐震シェルターの実物展示について

17-2.png

 

対象となる工事は?

【対象】

  • 平成12年5月31日以前に着工された木造住宅
  • 耐震診断の結果、評点が1.0未満(倒壊する可能性がある)と判定されたもの
  • 現在居住している住宅(持家に限る)

【要件】

  • 徳島県が認定した耐震シェルターの設置(必須)
  • 高さ1.5m以上の家具の固定(必須)
  • 「耐震改修施工者等」として徳島県に登録された者が施工(必須)
  • 「啓発モニター」として協力(必須)
    • 耐震改修工事用「のぼり旗」の設置(工事中)
    • 見学会の開催(工事中又は工事完了後)
    • アンケートへの回答(工事完了後)
    • 工事写真の提供
    • 出前講座等で体験談の講話など

 

県では、耐震シェルター設置支援事業において、補助の対象となる耐震シェルターを認定しています。

⇒ H280401【徳島県】耐震シェルター認定リスト.pdf(64KB)

 

補助金はいくら?

【補助額】

  • 改修にかかる工事費用(税込)の4/5以下で、最高80万円まで

さらに、一部の市町村で上乗せ補助があります。上乗せ補助の要件は、市町村ごとに異なります。(平成29年4月1日現在)

 【上乗せ補助額】

  • 上乗せ補助額 (20万円):美馬市、三好市 

 

改修工事の進め方
  • 改修工事の計画を、建築士や工務店とご相談
    • 市町村にもあらかじめご相談ください。
  • 補助金交付申請書を提出
    • 市町村に耐震診断報告書、改修計画書、工事図面、見積書等を添えて提出してください。
    • ☆耐震化工事検査員が、事業計画の確認を行います。
  • 補助金交付決定の通知
    • 市町村からの交付決定後に、改修工事の契約を行ってください。
  • 改修工事に着手
    • ☆耐震化工事検査員が、工事中に中間検査を行います。
  • 工事完了後
    • ☆耐震化工事検査員が、完了検査を行います。
  • 工事完了報告書を提出
    • 市町村に契約書の写し、工事写真、請求書等を添えて提出してください。
  • 補助金の受領
    • 市町村から補助金が支払われます。

 

★耐震化工事検査員

補助を受けて耐震改修工事を行う場合、耐震化工事検査員が、事業計画の確認、工事中の中間検査、工事の完了検査を行います。

耐震化工事検査員は市町村から派遣されます。