藍染め

藍染め
藍染め

「青は藍より出でて藍より青し」ということわざがありますが、藍染めの青い色は、「JAPAN BLUE」として世界に知られるほど深く鮮やかな日本を代表する色です。 馴染みがあるものとして、サッカー日本代表のユニフォームを「ジャパンブルー」と呼んでいますが、これも「藍色」を表現しているといわれています。

徳島は、この藍染めの元となる藍染料「すくも」づくりの本場として、現在もその伝統が引き継がれ、徳島でつくられた「すくも」を阿波藍と呼びます。

では、藍染めの一番の魅力とはいったい何なのでしょうか。 それは、やはり色そのものにあり、瓶(かめ)を覗いたときのように薄い色である「甕覗き」(かめのぞき)から始まって、「薄藍」(うすあい)、「浅葱色」(あさぎいろ)、「縹色」(はなだいろ)、「藍色」(あいいろ)、「勝色」(かちいろ)、「留紺」(とめこん)など、藍の色を表す様々な名称のとおり、多様な色彩美が染め出されることにあります。

商品一覧