阿波晩茶

阿波晩茶
阿波晩茶

阿波晩茶は、徳島の生活の中で飲まれ庶民の間に伝えられてきたお茶です。 すべてが手作業という伝統的な製法のため生産量は多くありません。

阿波晩茶は、一番茶二番茶の残りの茶葉で作られた番茶ではなく、十分育った一番茶葉で作られています。 遅く摘むことから晩茶と言われています。普通の緑茶とは異なり、茶葉を大きな釜でゆで、茶すり機ですり、桶で1週間から2週間ほど乳酸発酵させた後、天日で乾燥するという独特の製法で作られる、世界的にも珍しい後発酵茶です。コクがあり、さっぱりとした少し酸味のある味わいは魅力的です。