知ろう!とくしま県産品

鳴門鯛

「鳴門鯛」の特徴

 
色鮮やかな「鳴門鯛」
 
鳴門海峡でもまれた一級品

俗に「魚の王様」ともいわれるマダイ。その中でも潮流の速い鳴門海峡でもまれたマダイは一級品。
「鳴門鯛」には、鳴門海峡の激しい潮流を泳ぐため、骨に「こぶ」を持つものもいると言われています
コリコリした歯ごたえの引き締まった身と適度な脂の乗りが、高い評価を得ています。
特に、春の産卵を控えたマダイは「桜鯛」と呼ばれ、しっとりとした脂を蓄えて一層おいしくなります。
鳴門市では、「タイ網」と呼ばれる「定置網」や、手釣りによる「一本釣り」で漁獲されています。丁寧に扱われて、京阪神から関東にかけて出荷されています。

「鳴門鯛」を食べよう!

食べ方は実に様々で、用途を問いません。
刺身、塩焼き、鯛飯、潮汁といった日本料理から、カルパッチョやポワレ等の洋風料理まで、幅広い調理法でおいしく食べることができます。

「鳴門鯛」の栄養

「鳴門鯛」には、タンパク質、タウリン、EPA、DHA、ビタミンB1、ビタミンB2(内臓部分)などが多く含まれます。
これらの成分には、成人病予防、ダイエット、ストレス、美肌、視力低下予防などに効能があると言われています。

漁獲盛期

1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月
 
        漁獲盛期                                

主な産地