平成29年度に棚田の保全・活用活動を行う団体を募集します(あわの農山漁村(ふるさと)魅力創生事業(農山漁村(ふるさと)活性化モデル事業のうち「棚田保全活用タイプ」))。

2017年4月28日

平成29年度に棚田の保全・活用活動を行う団体を募集します(あわの農山漁村(ふるさと)魅力創生事業(農山漁村(ふるさと)活性化モデル事業のうち「棚田保全活用タイプ」))。 

 

 

t-1.jpg

 

          


 ○事業の目的

棚田は,急峻な地形を巧みに利用した農業生産活動を通じて,県土や環境の保全,水資源の涵養など,多面的な公益的機能を発揮しているとともに,下流域や周辺地域の農業の展開や活性化を図る上で重要な役割を果たしています。しかし,近年の過疎化,高齢化により,棚田の良好な維持保全が困難になっている状況です。
 このことから,県内の棚田地域において行う棚田の保全・活用を目的とした取り組みを支援することにより,やすらぎを与えてくれる農山漁村地域の美しい原風景を維持するとともに,地域の活性化につなげることを目的とします。

 

○事業実施について

本事業の要件にあった企画提案を募集し,審査により選定した提案者との間で委託契約を締結します。

 

○提案事業について
 1 提案事業の内容
   県内の棚田地域において行う棚田の保全・活用を目的とした取り組みの企画提案を募集します。ただし,棚田の保

  全及び活用事業の両方の取り組みを実施してください。

(1)棚田の保全事業
  <参考>
  ・棚田保全に係る活動計画の策定
  ・棚田保全手法の調査・研究
  ・棚田の保全活動を行う人材の育成
  ・棚田の遊休農地の解消及び畦道・水路等の補修 等
 (2)棚田の活用事業
   <参考>
   ・棚田のイメージアップにつながるPR活動
  ・棚田を活用したイベントの開催 等

 

2 事業の実施期間
   契約締結日から平成30年3月15日までの間

 

3 事業限度額
   1事業当たりの限度額は,300千円(消費税及び地方消費税を含む)以内とします。

 

○企画提案への応募資格について
 徳島県内の棚田地域(地形勾配が20分の1以上の農地が団地の半分以上を占める地域)
において,棚田の保全・活用の取り組みを実施するとするとともに,募集要領に定める要件を全て満たす団体です。
 <参考>棚田地域について
    とくしまの棚田~とくしまの棚田情報~ http://www.pref.tokushima.jp/tanada/info/

 

○対象経費について
 対象経費は,棚田の保全及び活用事業の実施に必要な募集要領に定める経費とします。

 

○提出書類について(各3部提出)
  ・企画提案書(様式第1号)
   ・団体等概要書(様式第2号)
  ・定款,規約又はそれに相当する文書

 

○提出期限
  平成29年5月31日(水)午後5時まで(必着)

 

○提出先及び問合せ先
    徳島県農林水産部農林水産基盤整備局農山漁村振興課
    〒770-8570   徳島市万代町1丁目1番地
  電子メール   tanada@pref.tokushima.jp
  電       話     088-621-2486
  ファクシミリ   088-621-2859

 

H29棚田保全活用タイプ募集要領.pdf(337KB)第1号企画提案書.docx(26KB)第2号団体等概要書.docx(17KB)

 

 

t-5.JPG  t-6.jpg

           棚田の保全(棚田の修繕)           棚田の保全(法面の草刈)                                                                            

   

 t-3.jpg  t-4.JPG

          棚田の活用(棚田のライトアップ)         棚田の活用(棚田deウェディング)                                                                                                                              

                                       


   

           

お問い合わせ

農林水産基盤整備局農山漁村振興課
中山間対策担当
電話:088-621-2486
ファクシミリ:088-621-2859