吉野川市美郷で梅のヘタ取り作業を応援しました!(7月22日(土)実施)

2017年7月25日
 

吉野川市美郷のふるさと団体である「美郷梅工房」から応援依頼を受けて、「四国大学」、「中国四国農政局四国東部農地防災事務所」、(一社)徳島県損害保険代理業協会」、「徳島農大そらそうじゃ」、「BX朝日建材(株)」が梅のヘタ取り作業を応援しました。

 

 美郷梅工房では、毎年、5月末日から6月頃までに梅を収穫した後に、天日乾燥とヘタ取りをした後に、色づけのためにシソ漬けの行程を行い、

その後3ヶ月から1年間かけて保存して製品販売していますが、過疎・高齢化により、労力が足りなくなってきていることから、毎年応援に駆けつけています。

 

 

当日の作業では、天日乾燥後の小梅をパレットに並べ、出来上がった梅干しの食感を損ねないように、小梅を手に取り、ヘタを1個ずつ取り除いていきました。 

 

  蒸し暑い中での作業でしたが、「(株)福村」から提供していただいた飲料を飲みながら、最後まで和気あいあいとした雰囲気の

中で作業を終えることができました。

  作業終了後、ふるさと団体から、「大勢で作業していただき、たいへん助かりました。また11月の梅酒まつりにお越しください。」との言葉をいただきました。

 

 

s1.jpg s2.jpg  

       <活動写真1>             <活動写真2>

 

s3.jpg s4.jpg      

      <活動写真3>             <全体集合写真>

地図

活動場所